ニールセン、視聴率データ公開遅延、原因把握中

本日は視聴率速報を流すことができていません。

というのも、データを提供しているニールセン・コリアにトラブルが発生しており、視聴率が公表されていまいから。

以下では、総合ニュースの記事を紹介しておきます。

また、遂行になるでしょうが、データが分かり次第データを更新していきます。

 

 

視聴率

 

 

 

ニールセン、視聴率データ公開遅延

視聴率調査会社のニールセン・コリアが原因不明のシステム上の問題で、視聴率の公開が遅れていると13日明らかにした。

 

ニールセン・コリアの関係者は連合ニュースとの電話インタビューで「正確な原因を調べている。 原因の把握が終わり、いつデータを出すことができるのかは現在のところ分からない」と述べた。

 

ニールセン・コリアは昨年11月西大門区忠正路KTアヒョン局社の火事の時も、視聴率の集計が不可能となり四日間データを生成しなかった。

当時、会社側は「中区西小門路にある本社の通信網に障害が生じ、視聴率資料の提供が遅れた」と説明し、回線正常化作業後に滞った資料を一括提供した。

火災のような外部的要因の他にも、ニールセン・コリアが、独自のシステム障害で何時間、または一日二日遅れて視聴率の報告書を出したことはまれに幾度か発生した。

 

この2017年1月には視聴率を生成する最小限のパネル世帯を収集できず、視聴率資料が一日遅れて発表され、視聴者と放送局関係者たちが混乱を招いた。

 

コメント